シングルマザーこそ婚活アプリ、婚活サイトを使ってね!

シングルマザーが抱える婚活の悩み

“シングルマザーの婚活は不利”そう決めつけているシングルマザーはいませんか?子どもがいると告げた時点で、恋愛や結婚の対象として見られるのか。交際がうまくいったとしても、子どもとの関係はうまく築けるのか…。いろいろと考えるとキリがないですね。 でも、「もう一度、恋愛や結婚をしたい。」「やっぱり子どもには父親が必要かも。」「生活や金銭面を安定させたい。」いろんな思いや事情で結婚をしたいシングルマザーはたくさんいるのではないでしょうか。 現在、日本では120万人を超えるシングルマザーがいます。一昔のように、珍しいことではありません。たくさんのシングルマザーが子育てに仕事にがんばっています。しかし、シングルでの子育てと仕事の両立は大変なことは容易に想像がつきます。シングルマザーの家庭はいわゆる「貧困層」が多いのも事実です。生活のことで精一杯。自分を支えてくれる人が側にいてくれたら、どんなに心強いでしょうか。シングルマザーはいったいどのようにして、結婚相手を探したらいいのでしょうか。こんな悩みを抱えているシングルマザーは少なくないのではないでしょうか。

35歳、シングルマザー。再婚を希望する理由。

35歳のシングルマザーAさんは20代前半で結婚し、1男を設け、順調な結婚生活を送っていましたが、30歳を目前にした29歳の時に離婚を経験。子どもはAさんが引き取り、シングルマザーとして生きていくことを決意します。 離婚を決めた時は、慰謝料や養育費でなんとかなるだろうという気持ちがあり、生活への不安はなかったそうです。しかし、養育費は必ずしも順調にもらえるものではないということを思い知ります。たちまち生活難に陥り、正社員で、ある程度収入が見込める職を探しますが、簡単に見つけることができず、昼間は派遣事務職、夜は飲食店アルバイトの掛け持ちで、生計を立てているとのこと。派遣とアルバイト掛け持ちの生活は、子どもとの時間も十分に取ることができず、シングルで子どもを育てていくことに限界を感じているとのです。離婚した直後は気分がすっきりとしましたが、時間が経つに連れ、全ての責任が自分にのしかかるプレッシャーに押しつぶされそうになり、自分を支えてくれる人を探すことを決意します。

従来型の婚活で起こりやすい、シングルマザー婚活クライシス。

Aさんのようなシングルマザーはたくさんいるでしょう。一人にのしかかるプレッシャーを誰かと分けることができたら…。精神的にも支えてくれる人と出会いたい…。もう一度結婚したいと切実に思うのは当然のことでしょう。ところが、シングルマザーの婚活は甘くはありません。 Aさんはいろいろな婚活パーティに参加をしますが、交際にたどり着いたことはないとのことです。

その理由として、

  • 子どもがいることに引け目を感じ、積極的にアプローチできない。
  • 子持ちOKという条件の人が圧倒的に少ない。
  • マッチングできて、初回デートでシングルマザーであることを打ち明けると交際を断られた経験があり、トラウマになっている。


このようなことは多くのシングルマザーが婚活パーティで経験しているのではないでしょうか。たった数時間で、しかも限られた人数のパーティで、自分のことを理解してくれる人に出会うことは至難の技でしょう。そして、シングルマザーには時間がありません。子育てと仕事で毎日の生活に追われている人も多く、思うように婚活できない人もいるでしょう。結婚そのものより、婚活することに危機感を感じてしまうのです。しかし、これは従来の婚活で起こるクライシスだと思ってください。今では婚活をする人にとって、現代のニーズにマッチしたアイテムがあるのはご存知でしょうか。

婚活アプリ・婚活サイトを利用して、婚活の場をもっと広く、そして効率よく。

せいぜい20〜30名参加の婚活パーティに参加して結婚相手を探すよりも、もっと広く、しかも効率的よく婚活してみるのはどうでしょうか。
近年、婚活をする人の間で欠かせないアイテムとなっているのが、“婚活アプリ”・“婚活サイト”です。最初に言っておきたいことは出会い系サイトとは全く別物だということです。出会い系サイトのようなイメージから婚活アプリやサイトはイマイチ信頼できないという人もいますが、本気で結婚や恋愛をしたい人の真面目な出会いの場となっています。登録の際は本人確認を実施し、いわゆるサクラは排除されています。また、セキュリティも万全で、サイト内は管理人により監視されています。

“婚活アプリ”・“婚活サイト”の登録者数は会社によってさまざまですが、数千人〜数万人規模の中から相手を探すことができます。また、スマホさえあれば、いつでもどこでも自分のペースで婚活ができます。広く、効率よく婚活をするということでは、シングルマザーにとって利用価値があると言えるでしょう。“婚活アプリ”・“婚活サイト”のシステムは自分の価値観や条件に合う人を検索し、“いいね”を送り、返信があれば、マッチング成立。メッセージのやり取りができるようになるというものです。マッチング後は当事者のみで交際へとすすめていくことになりますが、殆どのアプリやサイトは専任のアドバイザーなどがつくことはありません。

シングルマザーが婚活をする上で、他人のアドバイスや冷静な目はとても重要になってきます。自分だけのパートナーではなく、大切な子どものパートナーにもなり得る人を探すことになるわけですから、婚活のプロのアドバイスはぜひ受けたいものです。いろいろなことを踏まえ、シングルマザーの婚活はオンライン型の結婚相談所が最適かもしれません。

シングルマザーのニーズに合ったオンライン結婚相談所のサービス内容とは?

一般の結婚相談所とほぼ同じサービスを受けることができ、さらにオンラインで完結できる結婚相談所があるのはご存知でしょうか。

その中でも「結婚後の幸せを実現する」をコンセプトにしているのが、エン・ジャパンの子会社が運営する「エン婚活」です。

結婚はゴールではなく、スタートであるという考え方はAさんのような離婚を経験したシングルマザーにとって強く共感できるのではないでしょうか。コンセプトだけではありません。

「エン婚活」特有のサービスは以下のとおりです。

  1. 毎月6人以上紹介してくれる。
  2. 相手を探す手間が省けます。忙しいシングルマザーにとって、最も利用価値のあるサービスと言えるでしょう。しかも、予め“子持ちOK”などの条件で絞り込むことが可能になります。
  3. 専任コンシェルジュが成婚までをサポート。
  4. 悩みの多いシングルマザーにとって、専任コンシェルジュはとても心強い存在です。婚活にまつまる様々な相談に乗ってくれます。
  5. オンライン講座でいつでもどこでも自分磨きができる。
  6. 出会いから結婚後の生活のことまで、10人のプロ講師による50本のオンライン動画が見放題です。講座の内容は「自分らしさ発見」、「夫婦コミュニケーション力」など、シングルマザーが婚活する上で役に立ちそうな幅広い講座内容が魅力と言えるでしょう。


以上のようなサービスを受けることができ、費用は結婚相談所の1/10というのはシングルマザーにとって利用しやすい料金設定と言えるでしょう。
マッチングのみがメインの“婚活アプリ”・“婚活サイト”に比べると費用は少し高く感じるかもしれませんが、こういった結婚相談所には結婚に意欲的な人が多く登録しているのは確かですので、より早く結婚相手を見つけることにもつながります。

シングルマザーは現代社会の中で自らと子どもが生活をしやすいようにいろいろな知恵を絞って生きていくことが大切なように、婚活でもあらゆる方法があることを知り、その手段を身につけることが、シングルマザーの婚活クライシスから抜け出す一歩になることは間違いないでしょう。

“シングルマザーの婚活は不利”と嘆くのはもう時代遅れなのかもしれません。