婚活アプリのおすすめ。婚活サイト・恋活アプリも比較!

婚活サプリ、婚活サイト、恋活アプリとは?

空前の婚活ブーム到来と言っても過言ではない今日この頃。
様々な婚活アプリ、婚活サイト、恋活アプリ、マッチングアプリが立ち上がっているのはご存知でしょうか。

一昔前は近所のお世話役のおばさんが縁談を持ってきたり、親の紹介でお見合いをしてそのまま結婚なんていう話も珍しくはありませんでした。

少し前は合コンや友人の結婚式の二次会で出会いのチャンスを求める…。

つまり、あまり選択の余地が無く結婚に至るというスタイルが主流だったのですね。また、気になる相手に出会ったところで、その人の趣味や価値観を探ることから始めなければいけません。

出会い、交際から結婚までの道のりがとてつもなく長く感じられる人も少なくないでしょう。

ところが、昨今のネット社会到来により、様々な婚活アプリ、マッチングアプリや婚活サイトが開発され、結婚相手を探すのに全国各地、もっと言えば世界にまで拡がり、最初から自分の条件や価値観に合った人を探すことができる用になっています。

婚活をする人にとっては婚活アプリや婚活サイトはとても優れたアイテムなんですね。

婚活サプリ、婚活サイト、恋活アプリは安全なのか?

ネットで結婚相手を探す…?少し抵抗を持つ人もいるかもしれません。

ところが、有名な婚活アプリや婚活サイトを覗いてみると、セキュリティも万全、本人確認も確実、更には婚活コンシェルジュのアドバイスを受けられる画期的なサービスなどもあって、いまや婚活アプリや婚活サイトは本気さがあふれる真面目な出会いの場となっているのです。

最近ではフェイスブックの安全性と、さらにそれを使って活発にコミュニケーションを取っているか?の確認として、最低限の友人数が入会条件として設定されている婚活アプリもあります。
これはつまり、偽名などの場合は実際のコミュニケーションなどは偽造に限界があるからです。

こういった実質的なセキュリティー体制がととのった婚活サプリ、婚活サイト、恋活アプリが次々に登場しています。

誤解のないように言っておきますが、どんなに婚活アプリがセキュリティを高めてもそれを突破する人は出てきますし、上手にアカウントを偽造し、取り入ってくる人も存在することになります。
これは要するに、現実の社会に何%かは必ず悪い人が存在するのと同様なのです。

夜の街を歩く時には誰もが警戒をしつつ出歩くのと同じように、ネット社会もある程度の用心が必要なのは当然のこと。ただ、昨今の婚活サプリ、婚活サイト、恋活サイトはそのサービスを継続するために、偽造や不正参加者に対してはあらゆる手段を尽くそうとしていますので、そういった部分は入会前に必ず確認して安心して婚活アプリが使えるようにしておきましょう。

このような最低限の用心さえあれば、婚活サプリ、婚活サイト、恋活アプリはそれを遥かに上回るメリットを提供してくれるはずです。

おすすめの婚活サプリ、婚活サイト、恋活アプリの比較

一口に婚活アプリ、婚活サイト、恋活アプリと言っても、様々な会社が運営しており、それぞれ特徴があります。自分に合った婚活アプリ、婚活サイト、恋活アプリを見つけることが大切になるでしょう。

各社のサービスの内容を比較してみたり、口コミや評判を予め調べてみるとよいでしょう。
きっと自分に合った婚活アプリが見つかるはずです。

ここでは有名で実績のあるおすすめの婚活アプリまたは婚活サイトのそれぞれの特徴やサービス、料金などを比較し、紹介していきます。


ユーブライド(youbride)、歴史のある婚活サイトです。

歴史の古い国内最大級の婚活サイト「ユーブライド(youbride)」はミクシィグループが運営し、累計会員は100万人以上います。2016年の成婚人数は2400人以上と報告されています。 30代前半〜40代前半の登録者が多く、実は再婚活の人も多いのが特徴です。

ユーブライド(youbride)は登録年齢層も比較的高いので、気軽な出会いというより結婚に向けて本気で活動している人におすすめのサイトです。また、成婚までの期間が他社と比較して、圧倒的に短期間であることが「ユーブライド」の最大の売りと言ってもいいでしょう。登録料や入会金は無料で、利用料は6カ月コースで、月額2,320円からと比較的安価であることも人気の理由のひとつです。検索して気に入った相手に『いいね』を送り、『ありがとう』の返信があれば、メッセージのやり取りができるという仕組みになっています。

ユーブライド(youbride)の評判は?

早く結果を出したいのなら、ここがおすすめです!

結婚するなら登録無料の婚活サイト/youbride(ユーブライド)
http://youbride.jp/


 

 

「With」はメンタリストDaigoが監修した婚活アプリです。

https://with.is/welcome


上場企業イグニスが運営する2016年スタートの新しい婚活・恋活アプリ「With」はメンタリストDaigoが監修した婚活アプリです。
会員数は約24万人。20代〜30代の登録者が多く、ライトな感覚の出会いを求める人や、まずは恋人探しからという人におすすめの比較的若い人向けの婚活アプリと言えるでしょう。

「With」の登録にはFacebookのアカウントが必要ですが、Facebookの友達に「With」での活動を知られることはありません。
「With」ではこちらの婚活アプリも気になる相手に『いいね』を送り、『ありがとう』が返ってくれば、マッチング成立となり、メッセージのやり取りで以降につなげていきます。
「With」では無料登録ではマッチング成立後のメッセージやり取りができないなど、活動し辛い面もある為、有料会員となることをおすすめします。12ヶ月プランで月額1800円〜と他社と比較しても安価です。
Daigo監修の性格診断イベントがあり、価値観が100%一致する相手を探すことができます。

「With」の詳細はこちら → https://with.is/welcome

with(ウィズ)の紹介


 

 

 

ゼクシィ縁結び、リクルートならではの画期的なサービスに注目

ネット婚活で業界で初めてのサービスが注目を浴びているのがリクルートマーケティングパートナーズが運営する「ゼクシィ縁結び」です。

コンシェルジュがデートのセッティングを行うなど、画期的なサービスで注目を集めています。
登録時の18の質問による性格診断で、価値観の合う異性を毎日4人紹介してくれます。こちらのサイトも『いいね』を送り、『いいね』の返信があれば、メッセージのやり取りが可能になります。

新しいサイトで会員数は7万人とやや少なめですが、登録男性の約半数が年収を公開しています。

「ゼクシィ縁結び」でマッチングが成立し、交際や成婚した人はレポートでギフト券プレゼントなどの特典もあります。充実したサービスを受け、しっかり婚活したい人にはおすすめです。「ゼクシィ縁結び」は入会料無料、12ヶ月プランで月額2,592円〜となっています。

ゼクシィ縁結び
https://zexy-enmusubi.net/


 

恋愛からスタートしたい人には“恋”結びもあります。
ゼクシィ恋結び

 

 

リクルートには「ゼクシィ縁結びカウンター」もあります!

リクルートグループが運営する結婚相談所が「ゼクシィ縁結びカウンター」です。

「ゼクシィ縁結びカウンター」はゼクシィブランドで、ゼクシィならではの成婚にこだわったサービスが売りとなっています。「ゼクシィ縁結びカウンター」はゼクシィならではの結婚にまつわる豊富な情報と専任のコーディネーターによるサポート。また、通常の結婚相談所よりも活動しやすい費用が魅力です。
「ゼクシィ縁結びカウンター」の会員数は13,000人ほどですが、入会した人の10人に8人が1ヶ月以内に出会っているとされています。初期費用3万円、月会費は9,000円とほかの有名な結婚相談所と比較しても安価です。入会前に無料相談会でプロに入会前婚活の疑問や悩みを相談でき、自分に合った婚活でプランを立てることができます。

ゼクシィ縁結びカウンター
https://zexy-en-soudan.net/


ゼクシィ縁結びについてもっと詳しく


 

 

 

「マッチドットコム」はインターナショナルな婚活アプリ

インターナショナルな婚活アプリは「マッチドットコム」です。日本国内でも累計250万人以上が登録しています。
「マッチドットコム」では登録会員のほとんどが20代〜30代で、毎年約3600組のカップルが成立しています。

「マッチドットコム」は世界中の人が登録、利用している婚活アプリなので、他の婚活アプリと比較して、使いやすさには定評があります。

登録会員のプロフィールは「マッチドットコム」のスタッフが審査したものだけが掲載され、安心して利用できます。また、自分の希望条件にあった人を毎日紹介してくれますので、カップルになる確率は高いです。
「マッチドットコム」は入会金は無料で、6ヶ月プランで月額2,467円〜となっています。日本国内のみならず、世界中に結婚相手を求める人にはおすすめの婚活アプリです。ただし、国際結婚をするためのサービスを受ける婚活アプリではありません。

マッチ・ドットコムの紹介

 

 

 

「Omiai(オミアイ)」は真面目な出会いを求める人のための恋活アプリ

Facebookを活用した恋活アプリ「Omiai(オミアイ)」は累計会員約210万人で、主に20代半ば〜30代半ばの人が多く利用しています。

「Omiai(オミアイ)」では写真掲載率はほぼ100%ですが、匿名で活動できます。Facebookで投稿されることはなく、「Omiai(オミアイ)」を利用していることを友達に知られることはありません。

「Omiai(オミアイ)」は婚活アプリというより、どちらかというと、恋活を目的としたアプリで、ただし30代以上の女性が有料になった為、最近では真剣に恋活する人たちの注目を集めているアプリです。

「Omiai(オミアイ)」の料金は12ヶ月プランで月額2,780円、男性向けオプションサービスのプレミアムパックなどもあります。(※10代、20代女性は無料)
「Omiai(オミアイ)」は結婚も視野に入れた真面目な出会いを求める恋活中の人におすすめのアプリと言えるでしょう。

http://fb.omiai-jp.com/

Omiai(オミアイ)の紹介

 

 

 

「Pairs(ペアーズ)」はリーズナブルな国内最大級の婚活・恋活アプリ

https://pairs.lv/
pairs


Facebookを利用している人なら知っている人も多い認知度抜群の婚活・恋活アプリ「Pairs」。利用者延べ人数は400万人以上の国内最大級の婚活アプリ・マッチングアプリです。
「Pairs(ペアーズ)」では毎日約2000人が新たに登録されており、「Pairs(ペアーズ)」のマッチングの実績は530万組と非常に多いのが特徴です。

「Pairs(ペアーズ)」は比較的若い利用者が多く、今すぐ結婚をしたいという人よりも、真面目な恋愛をしたい人ににおすすめの婚活アプリとなっています。

婚活アプリとしてのシステムはシンプルで、『いいね』を送って、『いいね』を返信すればマッチング成立となります。

Facebookと連動した婚活アプリですが、実名で登録する必要はなく、Facebookの友達に「Pairs(ペアーズ)」を利用していることはわかりません。女性は全てのサービスが無料です。男性は12ヶ月プランで月額1,898円〜と他の婚活アプリと比較して大変リーズナブルです。

「Pairs(ペアーズ)」の詳細はこちら。→ https://pairs.lv/



Pairs(ペアーズ)の紹介


楽天オーネットはネット婚活とリアルな婚活をミックスしたサービス

ネット婚活では物足りない、そんな人におすすめなのが結婚相談所「楽天オーネット」。 会員数は46,000人と業界では最大級です。

2016年の成婚者は5,000人以上の実績があります。楽天グループの結婚相談所ということで、広く知られており、婚活サイトよりきめ細かい対応で入会時から成婚まで専任アドバイザーがサポートしてくれます。

具体的にはイメージアップ、コミュニケーション、結婚の計画などで、スキルの高いアドバイザーのアドバイスを受けることができます。

費用は入会金30,000円、活動初期費用76,000円、月会費13,900円となっており、婚活サイトや婚活アプリなどと比較すると割高に感じますが、結婚相談所としての費用としては割安と言えます。

楽天オーネットの紹介

「ブライダルネット」は実績評判はNo.1といって過言ではないでしょう。

日本最大級の婚活サイト「ブライダルネット」は2000年創業で東証一部上場企業のIBJが運営しています。

「ブライダルネット」では1ヶ月に1.5万人以上がカップル成立しており、実績や評判は業界1番と言ってもいいでしょう。会員数は18万人です。「ブライダルネット」の特徴として、男性は厳しい身分チェックがあり、定職についていない男性は登録することができません。男性の3分の1が年収600万円以上というデータがあります。

出会いのシステムは検索の結果、気に入った相手にあいさつを送り、相手からあいさつの返事が返ってきたら、以降メッセージのやり取りができるようになっています。

無料会員からスタートできますが、有料会員は利用料は月額3,240円(税込)となっています。
いいねが相互で送り合うとカップル成立となりますが、メッセージのやりとりは有料会員にならないとできません。

ブライダルネット
https://www.bridalnet.co.jp/


 

ブライダルネットについてもっと詳しく


「エン婚活」はネットの手軽さとリアルの実弾と、リーズナブルさと。

結婚相談所の性質を持ち合わせた婚活サイトが2016年にスタートした「エン婚活」です。
会員数は6000人、30代前半〜30代後半の人が多く利用しています。

月に6名の異性を紹介してくれます。専任のコンシェルジュを配置し、実際に会うまでの調整などをしてくれます。もちろん、双方が合意するまで本名も連絡先も教えることはありません。なんでこういった“紹介人数保証”が可能なのかというと、実は「エン婚活」は「パートナーエージェント」という老舗の結婚相談所と提携しているんです。 この「パートナーエージェント」のサービスを格安で利用できる!というのが「エン婚活」の最大のメリットでしょう。
また、婚活をする人にとって嬉しいサービスがオンライン教育サービスです。動画タイプで学べる講座で婚活の心得などを事前に学ぶことができます。

費用は登録料9,800円、月会費11,800円と通常の婚活サイトより高めですが、結婚相談所と同等のサービスを受けられることを考慮するとかなりお得感がありおすすめです。

エン婚活の紹介

自分の可能性を思いっきり広げるのなら「Yahoo!パートナー」

SNS感覚で婚活できる婚活サイトが「Yahoo!パートナー」です。
累計会員は300万人以上で、主に20代〜30代が活動しています。

20万組以上のマッチング成立という実績があります。登録されているプロフィールは全て審査済みで、安心して利用できる婚活サイトです。「Yahoo!パートナー」の特徴はグループ機能で共通の趣味や興味を持つ相手を見つけることができ、「みんなの近況報告」の投稿により、SNS感覚で交流でき、人となりや価値観がわかりやすいことです。

登録料は女性は無料、男性はウェブ版12ヶ月プラン月額1,620円〜となっており、リーズナブルなもの魅力のひとつです。「Yahoo!パートナー」は婚活初心者がSNS感覚で利用するのにおすすめの婚活サイトです。

【まとめ】あらためて、おすすめの婚活サプリ、婚活サイト、恋活サイト

婚活と一口に言っても、結婚へのアプローチの仕方は人それぞれです。

結婚アプリや結婚サイトに登録する前にそれぞれの特色をきちんと調べ、婚活アプリを比較し、評判や口コミを見たり、吟味することが大切です。

結婚は視野に入れているが、まずは恋人を見つけたいという人はSNS感覚で始められる「Pairs」や「Yahoo!パートナー」、「Omiai」などの婚活・恋活アプリがおすすめです。

少し年齢が高めで、再婚活の人は婚活サイトでは老舗の「ユーブライド」や男性の身分チェックがしっかりとした「ブライダルネット」なら、実績もありますし、なんといっても会員数の多さからパートナーを見つけやすいかもしれません。

日本国内のみならず、世界にまで婚活の場を広げたい人には25ヶ国、8言語で対応している婚活アプリ「マッチドットコム」が圧倒的人気です。

女性の興味を引く斬新な婚活サイト「With」や「ゼクシィ縁結び」は性格診断から相手を紹介してもらえたり、コンシェルジュがデートのセッティングを行ってくれるので、新しいもの好きで、楽しみながら婚活をしたい人におすすめです。ゼクシィブランドのノウハウを試してみる価値はありそうです。

ネット婚活で更に結婚相談所のサービスを受けたい人には「楽天オーネット」や「エン婚活」、「ゼクシィ縁結びカウンター」がおすすめです。店舗を持たないネット婚活に特化しているため、結婚相談所としては安価で活動しやすく、出会いから成婚までしっかりとした専門のアドバイスを受けることができ、またイメージアップやコミュニケーションの教育サービスを受けることもできます。


ということで、大切なことは婚活アプリでもまず一歩踏み出すことですね。
便利な婚活アプリでも、動かないことには変化はありませんから!

婚活アプリのメリット・デメリット

婚活アプリには便利で使い勝手がよく、比較的安価で婚活ができるというメリットがありますが、デメリットもありますので、その点はしっかり見極めて婚活アプリを使うようにしましょう。

婚活アプリのデメリット

婚活アプリのデメリットは、メリットでもあるその“安価さ”“手軽さ”にあるといえます。
つまり結婚や恋愛パートナー探しに温度差がある、ということなんです。
婚活していて一生懸命自己アピールをしているのに「なに必死こいてるの?」みたいな扱いを受けたらちょっと辛いですよね。
婚活アプリ・恋活アプリは比較的若い独身層が混ざっていると思うので、ちょっとライトな感覚でアプローチしてくる人もいるかもしれません。こういった人たちを適度にいなしたり、あしらう、といった大人の対応が求められるのも婚活アプリというツールの特性なのかもしれません。

ともあれ婚活アプリはとにかく便利です。
その婚活アプリの便利さを最大限活用できるように、婚活アプリの特性をよく理解して使うようにしましょう。

婚活アプリを使い始める前の注意点

婚活アプリは各社機能が異なりますので、それぞれの婚活アプリの説明や機能をしっかり理解して、その婚活アプリを使いはじめてほしいんですが、ひとつだけ婚活アプリの利用料金のことで書いておきます

婚活アプリの利用費、決済方法で格差がある場合もあり

婚活アプリの利用費は決済方法によって金額が異なるサービスもありますので、損をしないように注意しましょう。
具体的に言うと婚活アプリのアプリ経由で決済すると利用料金が大幅に高くなっているサービスもあります。webサイト経由で手続きすると安いのです。
ですのでアプリで手続きする料金とwebサイト経由での表示料金をよく見比べて手続きするとよいと思います。
スマホしか持っていない、パソコンは持っていない、ということでも大丈夫です。スマホのwebブラウザー(Google Chromeやsafariなんかを使って表示させて決済に進めば問題ないです。
webサイト経由での申し込み、だからといって使えるアプリの機能に差が出るわけではないので。

関連サイト